ノートパソコンとデスクトップ、どっちを買うべきか?

パソコンを購入するときにまず一番最初に悩むのがデスクトップパソコンにするかノートパソコンにするかということではないだろうか。

デスクトップにするかノートにするか迷いすぎてもうどっちでもいいや!!なんて思っている方も少なくないのではと思う。

まぁそう自棄になる前にここで少し落ち着いてデスクトップパソコンとノートパソコンについて整理してみてはどうだろう。

デスクトップパソコンとノートパソコン。大きくわけるとパソコンはこの二つにわかれる。まぁいろいろな細かい分類に分ければもっと分けられると思うが、ここでは大まかな自分がパソコンを使用する環境を知り、デスクトップパソコンかノートパソコンかということを決めるのが目的なので、あえてこの二つに分けてみた。

ではデスクトップパソコンとノートパソコンの違いというのはどういうところなのかというところを 項目ごとに比較してみたのでご覧いただきたい。

デスクトップパソコンとノートパソコンの比較

【スペース】

これは言うまでもなくノートパソコンの方が省スペースである。

それに配線の数もノートパソコンであれば少なくて済むので、あまりごちゃごちゃしたのが嫌いな方はノートパソコンの方が合っているだろう。

ただ、最近ではデスクトップもキューブ型や省スペース型など、それほどスペースをとらないものも販売されているので、デスクトップが欲しいけどあんあまりスペースを取られるのは・・・と思っている方はそういうものを選択肝に入れてみるのもいいだろう。


【拡張性】

ディスクトップにもタワー型と呼ばれるケースの大きいタイプやスリム型などとも呼ばれる省スペースで設置できるタイプ、またキューブ型などの小型(大きめのキューブ型もある)のタイプ、一体型と呼ばれるディスプレイとパソコン本体が一体になっているタイプなどがあるのですべてのものが拡張性が高いとはいいきれない。しかしタワー型と呼ばれるタイプではノートパソコンに比べて確実に拡張性は高い。(デスクトップの種類については「デスクトップの種類を徹底解説」を見てほしい)

ノートパソコンの拡張性といえばこれもノートパソコンの種類にもよるが、メモリーの増設くらいがいっぱいいっぱいである。ハードディスクを増設したいと思えば外付けのハードディスク、CD・DVDドライブを付けたいと思えばやはり外付けのものを付けるということになる。

そのほかすべてのデスクトップではないがグラフィックボードを変えることも可能なだし、互換性があればCPUも変えられる・・・なんて書いてみたが、私的にはそこまでの拡張性ってあんまり考えなくてもいいのではと思っている。

グラフィックボードやCPUとなるとちょっと厄介になってくる。それだったら私的にはパーツのことをいろいろと勉強してパソコンを自作してしまえ!!という考えである。

まぁこれはデスクトップ(主にタワー型)のメリットはメリットだが、普通にパソコンを使用している人にはメモリーの増設、ハードディスクの増設くらいできれば充分。それ以上のことはあまり気にすることはないのではというのが私の考えである。


【費用】

これは圧倒的にデスクトップパソコンに分がある。

理由はノートパソコンの場合、デスクトップパソコンよりパーツを入れるスペースがかなり限られているため使用するパーツをより小さくしなければいけないという技術的なものがあるからだ。

私がパソコンを持っていない何人かの知人にもしパソコンを買うならデスクトップか?ノートブックか?という質問をしたときにデスクトップと答えた知人にその理由を聞いてみると、同じスペックだったらディスクトップの方が安いからという答えが一番多かった。

確かに私が一番最初にパソコンを購入した時もこの理由でデスクトップにしたことを鮮明に覚えている。別にどっかに持ってってパソコンやることもないしディスクトップの方が同じスペックで安いのならそのほうがいいと。

ではほぼ同じスペックのデスクトップパソコンとノートパソコンの値段にどのくらいの価格差があるのか比較をしてみよう。

今回、比較の対象としたパソコンはマウスコンピューターのデスクトップパソコンとノートパソコンである。


  • デスクトップパソコン(Lm-i721B)=91,560円
  • ノートパソコン(MB-P761B)=154,980円

(2010年10月現在)

デスクトップパソコンは選択できる一番安値のディスプレーを選択。どちらも税込・送料込の値段。


いかがだろうか。デスクトップ・ノートブックともにメモリーを4G、HDDを500Gにカスタマイズ。その他は多少の違いはあるが、ほぼ同じスペックにした。

マウスコンピューターの場合、ほぼ同じスペックでは6万ほどの価格差がでてしまう。

費用面ではデスクトップに分があることが明確である。


【維持コスト】

この部分でもデスクトップに軍配があがる。

一体型以外のデスクトップはディスプレイとパソコン本体が別々になっているので、パソコンを買い替える時にパソコン本体だけを買えばディスプレイは流用できるし、ノートパソコンと違いキーボードも本体とは別々なので、キーボードも流用できるということである。(パソコン本体のみの購入に関しては「BTOパソコンてなに?」を見てほしい)

また、ディスプレイやキーボードが壊れた、もっと違うディスプレイやキーボードを試したいという時にも、買いかえればいいだけだ。

ただしこれはディスプレイとパソコン本体の端子、キーボードとパソコン本体の端子が合っていないと流用はできないので注意が必要だ。

私も昔だがソニーのデスクトップパソコン(スリムタワー型)を購入して、その後パソコンを買い替えようと思い、ディスプレイだけは古いものを流用しようと思ったが、端子が合うものがなく、結局すべてを買い替えたという苦い経験がある。

また、ディスプレイが壊れて買い替えたいなんていう時も、安いディスプレイで十分なのにパソコン本体の端子と合うものがメーカー独自のもので、選ぶ余地を与えてくれないなんてこともある。

これはまだDVIが主流になる前のメーカー製のパソコンにありがちなパターンだ。

このようなことから最初にどのような端子が使われているのかを事前にチェックしておいた方が無難だ。


【持ち運び】

これは皆さんもご存じの通り確実にノートパソコンである。

ノートパソコンはモニターとPC本体が一体で、”ノート”と呼ばれるだけあって折りたたむとかなり薄くなる。それにノートパソコンは充電しておけば、使う場所も選ばない。無線LANだったりEMOBILEなどを使えば家の中のどこの部屋でもコードレスでインターネットを利用することができる。

例えばベッドで寝転がりながらYouTubeを観たり、クックパッドなどの料理レシピサイトで作りたい料理のレシピを観ながら台所で料理なんてこともできる。

もちろん、モバイルノートなどのより小型でバッテリー駆動時間が長いノートパソコンだったら外でも気軽にパソコンを使うことができる。

このようなことができるというのがノートパソコンの最大の魅力である。


まとめ

デスクトップパソコンとノートブックパソコンのメリット・デメリットについていろいろ書いてきたが、けっきょくどちらを選べばよいのか?

ベストなのはデスクトップをメインパソコンに、そしてノートパソコンをサブに持っているということだ。私自信もそうしている。

しかし、別に2台もパソコンはいらないという人も少なくないと思う。確かにパソコン中心の仕事をしているとか、パソコンヲタクでない限りあまりパソコンを複数台所有しいるという人は少ない。

そこでやはり重要になってくるのが自分がパソコンを利用する目的や利用環境で決めるということである。

家にパソコンを常時置いておけるスペースがあり、別の部屋でパソコンをするつもりもないというならばやはりデスクトップパソコンの方がノートパソコンに比べて同じスペックでの価格や増設のしやすさ、ディスプレイやキーボードの再利用などの面でかなりお得感はある。

しかし、固定した場所ではなく、家の中でもいろいろなところでパソコンを使いたい、ましてや外出中にも使いたいとなれば確実にノートパソコンを選ぶことになる。

そして大事なのが自分がパソコンをどのように利用するかということでもパソコン選びというのは変わってくる。 (パソコンの利用目的については【パソコンの選び方5カ条】カテゴリーの「パソコンの利用目的を決める。」を観てもらいたい。)

ノートパソコンとデスクトップ、どっちを買うべきか?ということもとても悩むところだが、まずは「自分がどのうようなことにパソコンを使うのか?」というところを再確認することからパソコン選びを始めることをお勧めする。

確かにパソコンは価格も安くなり、買いやすくなってきたが、やはり高価な買い物であることにはちがいない。少し面倒でも自分のパソコンの利用目的を見極め、自分に最適なパソコンを選びたいものである。



関連ページ