ソニーストアの特徴一覧表

ソニーストア
価格やや高め
サポート・保証3年間無償(その他オプションサービス有)
カスタマイズ性普通
納期カスタマイズ可能な商品は1週間~3週間
送料無料
ホームページソニーストア

ソニーストアの評価を徹底調査

ソニーストア。読んで字のごとくあの有名なソニーというメーカーの名前が入っている。そうソニーストアはソニーが運営するインターネット直販サイトである。

2010年9月いっぱいまでは「ソニースタイル」という名称だった。知っている方も多いのではないかと思う。

ソニーストアではパソコン以外にもさまざまな商品が売られている。デジタルビデオカメラだのウォークマンだの・・・正直ホームページを見ているだけでもいろいろ欲しくなってしまう。

ソニーのパソコンといえばVAIO。VAIOといえばソニーと言われるくらいこのVAIOという名前はかなり有名だと思う。

班長もこのVAIOは2台購入している。1台目はデスクトップでMEの時代。もうそのパソコンは勤めをまっとうして、眠りに入っているが、2台目に買ったノートパソコンのVAIOは今も元気に働いてくれている。この文章を書いているのもVAIOである。

このVAIOを自分好みにBTOして購入できるのが「ソニーストア」である。

これは完璧に個人的見解だが、う~ん、やっぱりVAIOはデザイン的にどのメーカーのパソコンよりも一つ頭が抜きんでている気がする。かっこいい。さすがだなと感じてしまう。

では、冒頭のソニーストアの特徴一覧表を詳しく解説していきたいと思う。

公式ホームページ→ソニーストア

ソニーストアの特徴

【価格】

他のBTOメーカーに比べて安い!!とは言い切れないが、ソニーというブランド、保障面、デザイン性の高さなどを考慮すれば、VAIOがこの値段で!?と思ってしまう値段である。

また、ソニーストアでは送料がかからない、クレジットカード「ソニーカード」に入会して商品を購入すると3%割引きになる、分割クレジットで購入すると分割手数料が実質年率1パーセントで購入できる(商品によって24回払いまでのもの、最大60回払いまで対象のものまである)、ソニーポイントや、クーポンを利用できるなど、パソコンをよりお得に購入するシステムを用意してあるので使わない手はないだろう。


【ラインナップ】

ハイエンドのボードPC「Lシリーズ」、スタンダードなボードPC「Jシリーズ」、ハイエンドのノートパソコン「Fシリーズ」、スタンダードのノートパソコン「Eシリーズ」、ビジネス中心のノートパソコン「Bシリーズ」、モバイルからメインパソコンまで使える「Sシリーズ」、などなど、ノートパソコン、モバイルノートは他に7シリーズ合計11シリーズのラインナップがある。

デスクトップ系は少し少ない感じがするが、ノートパソコン系であれば自分の利用環境に合わせて選ぶには十分なラインナップと言える。


【サポート・保証】

通常ではメーカー1年間保証だが、ソニーストアでは+2年間延長させた3年間保証を無償でつけてくれる。

保証内容は保証期間内の無料修理、修理の際の送料・引き取り費用なし。

有償だが長期保証3年ワイドというものも付けられる。これは火災や水ぬれなど、故意的なものではなく偶然起こってしまった破損などにも修理が無償で受けられるという保証である。

またVAIOを購入すると電話サービス(使い方や技術的な相談など)が1年間付いてくるのだが、ソニーストアで購入するとそれを無償で3年間に延長してくれる。

さらに差額保証、お届け保証というものもある。一つ一つ見ていこう。

まず差額保証はソニーストアにて商品を購入したとして、出荷メール受け取り後9日間のあいだにその商品の価格が安くなっていたらその差額をソニーストアで利用できるクーポンを発行してくれるというサービスだ。

次にお届け保証。これはソニーストアがお客に提示したお届け可能日に商品を届けることが出来なかった場合、ソニーストアで利用できる3000円分のクーポン券を発行してくれるというサービスである。

かなりユーザー目線でサービスを行っていることがわかる。さすが大手メーカーだと感心してしまう。


【送料】

送料はパソコンを含め、全商品無料である。太っ腹だなぁと感心する。


【納期】

商品にもよるが、カスタマイズ可能なものであればやはり10日から2週間は見た方がいいだろう。


【カスタマイズ性】

普通


【支払方法】

  • ・ソニーカード(購入時3%OFFのメリット有)
  • ・クレジットカード
  • ・分割クレジット(商品によっては分割払手数料1%となるものもあるので要チェック)
  • ・代金引換(手数料自己負担)
  • ・銀行振込(手数料自己負担)

【購入方法】

  • オンライン
  • 家電量販店
  • e-ソニーショップ
  • ソニーストア

以上がソニーストアの特徴になる。

まとめ

ソニーのパソコン「VAIO」というとちょっと高いのではないかと思う人も多いのではないかと思う。班長も実際はそのように感じていた。しかし、調べてみると思ったほど高いという印象はなかった。

正直私の購入したVAIOは二つとも家電量販店で購入している。一つ目のデスクトップのVAIOはまだBTOというパソコンの購入の仕方も知らず、また確かその当時はソニーでもBTO(ソニーではBTOではなくCTOやオーナーメードモデルと呼んでいる)では販売していなかったと思う。

しかし2台目のノートパソコンの時はすでにソニースタイルはあったし、私もあることを知っていた。なのになぜ家電量販店で購入したかといえば、その時は分割で購入したくて、その家電量販店の実質年率が2%だったので購入した。

しかしちゃんと調べてみれば、ソニーストアでは商品によっては実質年率を1パーセントで購入できたのだ。

プラス今使っている私のVAIOはいらないものが付きすぎである。

正直大失敗である・・・。

やはりパソコンを購入する前にはちゃんとリサーチをしなければいけないという教訓になった。

最後になるが、ソニーというとパソコンだけではなく、普通の電化製品でも故障が多いなんてことを言う人を多く感じる。

しかし、班長が購入したVAIO2台、それにテレビ、ウォークマン、などなど故障し易いというイメージはまったくない。

これは単に運が良かっただけなのであろうか?

班長的にはそのようには思っていない。

ソニーのように有名なメーカーではさまざまな電化製品をかなりの量販売している。

販売数が増えればどうしても当たり外れというものが多くなってくるだろう。

めちゃくちゃ外れを引いてしまった方もいるかもしれないし、その絶対数というのはソニーという大きなメーカーになれば 必然的に増えてしまうだろう。

その分、そのような不満という声も増えてしまうのではないだろうか。

だからといってそれはしょうがないといって企業努力を怠ってしまうというのは絶対いけないことだが、 ソニーはそのようなことはないのではないかと思う。

ちょっとパソコンの話とはずれてしまったが、班長自身の見解を書いてみたかった。

長々と失礼しました。


【追伸】

先代のVAIOのデスクトップの調子が悪くなったときにメーカーに問い合わせたがサポート体制はとても丁寧な対応で迅速に対処してくれた。サポート体制は初心者にとってかなり安心できる対応だといえるだろう。


公式ホームページ→ソニーストア



関連ページ