HP(ヒューレット・パッカード)で購入前相談をしてみた。

今回はHP(ヒューレット・パッカード)での購入前相談での印象か書いて観たいと思う。

※このページから訪問してくれた方にはどのような意図でHP(ヒューレット・パッカード)に購入前相談をしたのかわからないと思うので、できれば「班長のパソコン購入体験記」のカテゴリーを上から順に読んでもらえると理解していただけると思う。

HP(ヒューレット・パッカード)のホームページの左上にある「製品&サービス」にマウスを置くと、プルダウンでメニューが出てくる。そこの「個人のお客様」メニューの一番下、「個人のお客様トップ」へ移動。

ヘッダー下のメニューの左から2番目に「サポート&ドライバー」のリンクがあるのでそこに移動。

右側に「関連リンク」と書かれているところに「お問い合わせ」のリンクがあるのでそこに移動。

左から3番目の「お電話でのお問い合わせ」の中に「ご購入前の製品・サービスについて」のリンクがあるのでそこに移動。

やっと個人のお客様用の電話番号があった。

正直なところ、なんでもっと分かり易い所に掲載してくれないのだろうと思った。

コールは家の電話ならフリーコール。携帯電話やPHSからだと通常の電話料金がかかる。

待ち時間は平日の午前11時ごろということもあったので、待たされることなく、すぐに繋がった。

対応してくれたのは日本人の男性。

電話の対応はかなり良い印象だったが、少し事務的な感じもした。

いつもの如く、まず班長が今回どのような目的でパソコンを買うのかを伝え、今、HP(ヒューレット・パッカード)で候補に挙げているパソコンを伝えた。

それから予算を伝え、パーテーション分割について聞いてみた。

まず、班長がHP(ヒューレット・パッカード)で候補に挙げているパソコンは「HP Pavilion Desktop PC p6640jp/CT カスタムモデル」

スペックは


  • CPU:インテル Core i3-540 プロセッサー
  • OS:Windows7 Home Premium 64ビット
  • メモリ:1GB
  • HDD:250GB
  • 光学ドライブ:DVD-ROMドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成で価格は「45,990円」。送料3150円をプラスすると「49,140円」である。

しかし、これでは班長の考える最低スペックに及ばないのでカスタマイズをする。

まずメモリを4GBに。そしてHDDを500GB。光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブにする。

そうすると価格は送料込で「72,240円」。ちょっと予算オーバーである。

では班長のパソコンの利用目的でHP(ヒューレット・パッカード)のオペレーターが勧めてくれたパソコンは、同じ「HP Pavilion Desktop PC p6640jp/CT」のハイバリューモデル2。

こちらのスペックは


  • CPU:インテル Core i5-650 プロセッサー
  • OS:Windows7 Home Premium 64ビット
  • メモリ:4GB
  • HDD:250GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成で価格は「59,850円」。送料込で「63,000円」である。

これをカスタマイズ。

といってもこれだったらHDDを500GBにするだけで済みそうだ。

これで送料込で「68,250円」である。

CPUのスペックも上がったのに、班長が最初に候補に挙げていたパソコンよりも安い。

やはり購入前相談はしてみるもんだと思った。

HP(ヒューレット・パッカード)のオペレーターの方の意見

班長の選択したHP(ヒューレット・パッカード)のパソコンとHP(ヒューレット・パッカード)のオペレーターの方が勧めてくれたパソコンの違いはCPU。

班長が選んだパソコンのCPUはインテル Core i3-540 プロセッサー、オペレーターの方が勧めてくれたCPUはインテル Core i5-650 プロセッサー。どちらもデュアルコアのCPUだが、インテル Core i5-650 プロセッサーの方がCPUとしての性能は高い。

班長のパソコンの利用目的に限らず、CPUが高いほうが処理が早く快適にパソコンが動いてくれるということは間違いないことである。

それに今回HP(ヒューレット・パッカード)のオペレーターの方が勧めてくれたパソコンは性能が班長が選択したパソコンよりも性能が高いのに価格が安く済む。

購入前相談をするとこのような見逃してしまうモデルを勧めてくれるのでありがたい。

また、今回、グラフィックカードのことについても聞いてみた。

今回、班長が選択したパソコンもオペレーターの方が勧めてくれたパソコンもグラフィックボードはオンボードのである。

なので班長は「グラフィックボードも変えた方がいいか?」ということを尋ねた。

オペレーターの方の意見では、今回の班長のパソコンの利用目的ではブラウザをいくつも開くくらいで、動画編集などもしないので、グラフィックボードはオンボードで充分だとういうことであった。

パーテーション分割について

HP(ヒューレット・パッカード)ではパーテーション分割のオプションがない。出荷するときもCドライブだけである。

パーテーション分割をしたいのであれば、市販されているソフトなどを使って行うしかない。

そこで、今回アドバイスしてもらったHP(ヒューレット・パッカード)のオペレーターの方に主観でいいのでパーテーション分割は必要か聞いてみた。

今回アドバイスしてもらったオペレーターの方は、パーテーション分割はあまり意味がないんじゃないかとのこと。

今は外付けのHDDも安くなっているし、そこにバックアップをとればいいとのこと。

パーテーション分割しても、物理的にHDDが壊れてしまえば分割もなにも関係ないとのことであった。

まとめ

今回は、HP(ヒューレット・パッカード)に購入前相談をしてみたが、印象的にはまったく悪くない。ただ、他のメーカーに比べると少しそっけない感じがした。これは班長が感じただけなのでなんともいえないが・・・。

でも班長の質問には的確に答えてくれた。班長が言うそっけないというのは、余計なことをあんまり言わないという感じである。

まぁそのほうが煩わしくなくていいのだが。

ただ、やはり今回も購入前相談はしてよかったと思っている。自分が最初に選らんだパソコンよりCPUの性能も高く、そのほかのスペックも同じなのに価格が安いモデルを教えてくれたからだ。

よく調べているつもりでも、やはりメーカーの方のアドバイスには敵わないなというのが印象である。



関連ページ