DELL、マウスコンピューター、ドスパラ、HPで見積もりを出してみる。

さて、前回は今回パソコンを購入するためのメーカーを絞り込んだ。

絞り込んだメーカーはマウスコンピューター、DELL、ドスパラ、HP(ヒューレット・パッカード)である。

前回の記事を読んでいない方は「各メーカーをリサーチ、そして絞り込み」のページをご覧いただきたい。

まず各メーカーで見積もりを出す前に、繰り返しになるが、班長が今回購入を考えているパソコンの利用目的、スペック、そして予算をおさらいしたいと思う。


利用目的

インターネット閲覧(複数のブラウザを開くことが多い)、メール、ユーチューブなどの動画観賞、ホームページ作成、ExelやWordなどを使っての資料作成。


班長が考える最低限のスペック


  • OS:Windows 7 Home Premium 32bit
  • CPU:Intel Core i3 540以上
  • メモリ:4GB
  • ハードディスクドライブ:500GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • PCケース:ミニタワー型
  • モニター無し
  • オフィスソフト:KING SOFT Officeにする。

予算

70000円前後


以上が今回、班長が欲しいパソコンの概要である。

オフィスソフトはKingsoft Office 2010 Standardはカスタマイズ画面でオプションで扱っているメーカーもあるが、インターネットで調べたところ、楽天で送料無料で2750円というところがあったので、そこを利用する。

これに見合ったパソコンをカスタマイズ&見積もりを絞り込んだメーカーで見積もりを出してみたいと思う。


DELLで見積もり

デルで班長が選んだパソコンはInspiron 580のミニタワー型スタンダードモデル。


  • CPU:インテル Core i3-550 プロセッサー
  • OS:Windows7 Home Premium 64ビット
  • メモリ:4GB
  • HDD:320GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成である。

ではこれをカスタマイズして見積もりはいくらくらいになるかやってみようと思ったが、Kingsoft Office 2010 Standardは楽天で買うので、あとはカスタマイズするものもないので、このままにした。

本当はパーテーション分割もしてもらうつもりだったが、このモデルはパーテーション設定が最初から価格に入っているようなので、得をした。

これで楽天で探したショップのKingsoft Office 2010 Standard「2750円」を足して「54,830円」送料は無料である。

予算より1万円以上も安く上がった。

ただ一つ、HDDの容量が320GBと少し少ないのが気になる。


マウスコンピューターで見積もり

マウスコンピューターではLUV MACHINES(インテル Celeron / Core 2 / Core i3 プロセッサー)シリーズのハイスペック構成を選んだ。


  • CPU:インテル Core i3-550 プロセッサー
  • OS:Windows7 Home Premium 32ビット
  • メモリ:4GB
  • HDD:500GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成である。

ではこれをカスタマイズして見積もりはいくらくらいになるかやってみる。

マウスコンピューターでも基本構成はまったく変えず、オプションのみの追加という感じにした。

追加したオプションは、

パーテーション分割:3150円

以上。

これで「56,030円」。それに送料が3150円、Kingsoft Office 2010 Standardが2750円、合計「59,030円」になった。

マウスコンピューターでも予算より1万円近く安くすむ。

HP(ヒューレット・パッカード)で見積もり

HP(ヒューレット・パッカード)ではHP Pavilion Desktop PC p6640jp/CT カスタムモデルを選択。


  • CPU:インテル Core i3-540 プロセッサー
  • OS:Windows7 Home Premium 32ビット
  • メモリ:1GB
  • HDD:250GB
  • 光学ドライブ:DVD ROMドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成である。

ではこれをカスタマイズして見積もりはいくらになるかやってみる。

まず、基本構成のメモリとHDD、そして光学ドライブを変える。

メモリは4GBに、HDDは500GB。そして光学ドライブはスーパーマルチドライブに変更。

以上で計算してみると、カスタマイズ後のPC本体の価格が「68,040円」、Kingsoft Office 2010 Standardが「2750円」、送料が「3150円」、合計で「73,940円」になった。

ちょっと予算オーバーだが、まぁ許容範囲である。

ドスパラで見積もり

ドスパラではPrime Magnate GCD - プライム マグネイト GCD Windows7 インストールモデルを選択。


  • CPU:インテル Core i3 550
  • OS:Windows7 Home Premium 32ビット
  • メモリ:2GB
  • HDD:500GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • グラフィックボード:インテル HD グラフィックス(オンボード)

これが基本構成である。

ではカスタマイズして、見積もりを出してみよう。

まずOSを32ビットから64ビットにする。これは料金はかからない。

次にメモリを4GB。

パーテーション分割。

以上。

これに楽天でKingsoft Office 2010 Standardを最安値のショップで購入する(2750円)。

合計するとPC本体が「53,380円」、Kingsoft Office 2010 Standardが「2750円」、送料無料で「56,130円」になった。

まとめ

以上、絞り込んだ4社でカスタマイズして、その価格を比較してみた。

最終的にはドスパラが最安値で、次にDELL、マウスコンピューター、HP(ヒューレット・パッカード)という順番になった。

もちろん、すべてまったく同じパソコンではないので厳密な比較というのはできない。サポート体制もそのメーカーやショップによってさまざまだし、スペック以外にも付加価値がある。

なので価格だけではなんとも言えないが、一番気になるところなので比較を必要だと思い、このような各メーカーで同じようなスペックのパソコンをカスタマイズした価格比較をしてみた。

この価格比較をしたそれぞれのパソコンを元に今度はそれぞれのメーカー、ショップに購入前相談をしてみたいと思う。

その結果は各メーカーごとにページを作ってあるので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。


次は「DELLで購入前相談をしたみた。」


関連ページ